インテリアデザイン科
卒業生の声

卒業生の声

やはり気になりところは、実際に受講して就職ができるの?というところではないでしょうか。インテリアデザイン科を卒業され、業界で仕事をしている方にインタビューを実施しました。

インテリア設計事務所勤務|国友さん

現在、どのような仕事をしていますか?

店舗、住宅等の内装デザインをしています。現地調査やお客様へのヒアリングをしてプレゼンテーションを行い、その後、基本設計、実施設計、工事が終わるまで現場を確認する仕事をしています。

フェリカを受講しようと思ったきっかけは?

私は訓練受講前は、専業主婦をしていましたが何か新しい仕事をしたいと思い、学校説明会に行ったところ、担当の先生に熱意を感じました。また、カリュキュラムも仕事に直結していることと、何より面白そうだったため受講することを決めました。

授業の内容はどうでしたか?

先生方が皆とても熱心に教えてくださり、全ての科目が今の仕事に生きています。全くの素人でしたが、半年の授業で本当にデザイン業界で働けるようになり驚いています。授業はどれも面白くて、人生で一番真面目に勉強したかもしれません。

クラスの雰囲気はどうでしたか?

全くの初心者の方が多かったので、皆で助け合いながら、和気あいあいと勉強することができました。先生方も面白い方ばかりで、とても明るい雰囲気でした。

仕事の現場で求められることはなんでしょうか。

業務では新人なので同僚や、クライアントの気持ちや考えを汲み取って、それを先回りするようなことが信頼関係につながっていくと思っています。設計の仕事なのでミスのない細かな仕事の仕方、スケジューリング、あとはデザインの引き出しを増やすことを常に意識して、アンテナを広げておくことが大事だと思います。

これからフェリカを選ぶか検討している方へのメッセージ

授業についていけるかなと不安で迷ったら、是非一歩踏み出してトライしてみてほしいと思います。先生方も仲間もいるので、やる気さえあれば、みんながフォローしてくれますので誰でもついていけますし、得るものも大きいと思います。ひきこもり専業主婦の私でもなんとかなりました。

インテリアコーディネート関連会社勤務|濱田さん

現在、どのような仕事をしていますか?

ホームステージャーとして、中古物件売買の際に売却物件がより魅力的にみえるようにホームステージング(物件の演出)する仕事をしています。具体的には、LDにソファセットやダイニングセットを入れ、キッチンやバスなどの水回りを小物でデコレーションしていきます。 ターゲット層に向けて物件が一番魅力的にみえる家具をセレクトし配置を考え演出するしていくことが求められる点が、住む人の暮らし方を軸に考えるインテリアコーディネーターとの大きな違いです。

フェリカを受講しようと思ったきっかけは?

単純にインテリアだけではなく、業界に必要なスキルを幅広く学べる点が受講の決め手でした。受講当時は、どのような仕事にどのようなニーズがあるか、その中でどのような仕事をできるのか、したいのかということもわからない状態でしたので、就職に必要なスキルを学べることは大きな利点だと感じました。また、講師の方々が、実際に業界の仕事をされている建築士の方々だということもポイントでした。

授業の内容はどうでしたか?

密なスケジュールとなっており、半年で学ぶ量としてはかなり充実していました。単に教科書通りの話を聞くのではなく、実務にどう必要なのかということをいつも添えて教えていただいたので、良い意味で緊張感を持ってまなべました。今の仕事でも学んだことが日々活かされています。

クラスの雰囲気はどうでしたか?

はじめは緊張しましたが、すぐに打ち解けることができ、みんなで切磋琢磨しながら過ごすことができました。程よい緊張感があり、はじめてのことを学ぶ特有の大変さも、実際の就職活動中も互いに情報を共有し、励まし合うことで乗り越えることができました。卒業し、就職したあとも定期的に会える素敵な仲間に出会えたと思っております。

仕事の現場で求められることはなんでしょうか。

自分で考え行動することが求められます。私自身は、これまでの経験から気づけた、仕事の生産性を上げる仕組み作りになどを自ら発案し形にしていくこと、未経験で足りないスキルは埋めていきプロフェッショナルな仕事ををすることが、必要だと考え実行しています。

これからフェリカを選ぶか検討している方へのメッセージ

フェリカで、学んだことが未経験だった今の仕事で毎日役にたっていると感じています。インテリア業務の仕事は、とても楽しいのですが知っていなければならないことも沢山あると感じます。未経験だからこそ、知識があるか、学んだことを形に残せているかで就職の間口がかなり広がると実感しました。また、実際の就職活動に関しても自己分析をはじめ、履歴書の書き方、面接応対など1人だと判断が難しい部分もプロの添削、チェックを受けられます。業務の実情などに関しても実際に仕事をされている講師の方々から直接聞くことができ、かなり手厚い就活フォローが受けられますので、私と同じようにインテリア業界、建築業界で働きたいけれど未経験という方には、ぜひ受講されることをおすすめ致します。

3DCG制作会社勤務|佐藤さん

現在、どのような仕事をしていますか?

私は現在、3DCGデザイナーとして企業のデザイン部門で働いています。主な仕事は3dsMAXを使ってパースを作成することです。

フェリカを受講しようと思ったきっかけは?

私は学歴と職務経験に自信がなく、自分のやりたい仕事への進み方も分からず悩んでいた時に、ハローワークでフェリカTAを知りました。半年間という期間とカリキュラムがしっかりしている点、なにより未経験でも受講できる事に強く惹かれ、ここで学ぶしかないと思いました。

授業の内容はどうでしたか?

最初は、AutoCADから学びました。未経験の私にとっては何もかも初めて聞く事や触る事が多かったのですが、フェリカの教科書や授業のプリントなど何回も復習する事で図面も描けるようになり、設計課題では、デザインを図面におこし、CGパースまで作成できるようになりました。Autocad、3dsmax、photoshop、Illustratorまで扱えるようになります。そのようにちゃんとカリキュラムが組まれていました。

クラスの雰囲気はどうでしたか?

年齢や前職などバラバラでしたが、毎日同じ授業を受けているうちに仲が深まりました。授業についていけなくなりそうな時には、休み時間に質問をしたりしました。私はクラスの雰囲気が良かったからこそ、授業中でも先生に質問できたりしたと思っています。

仕事の現場で求められることはなんでしょうか。

この人に仕事を頼んでよかったと思われるように、仕事をしていこうと心がけています。求められることは職種によってだと思いますが、誠意をもって仕事をしていけば自然と行動も伴ってスキルも身に付くと思います。

これからフェリカを選ぶか検討している方へのメッセージ

私はフェリカに入ったことで、絶対に働く事はなっかであろう環境に身を置けるようになりました。少しでも気になっているのであれば、ぜひ頑張って通ってほしいと思います。毎日遅くまで質問に付き合ったりしてくれる先生達でした。内容は決して簡単ではないですが、実際現場で、フェリカで教わった事が本当に役立っています。

インテリアデザイン科のリーフレットを見る

BIMセミナー

テンプスタッフ

求職者支援訓練の概要

求職者支援制度は、職業訓練による能力形成を通じ、真剣に就職を目指そうとする方のための制度です。雇用保険を受給できない失業者の方に対し、無料の職業訓練(求職者支援訓練)を実施し、本人収入、世帯収入及び資産要件等、一定の支給要件を満たす場合は、職業訓練の受講を容易にするための給付金を支給するとともに、ハローワークにおいて強力な就職支援を実施することにより、安定した「就職」を実現するための制度です。
詳しくは求職者支援訓練についてをご覧ください。

まずはお電話ください

電話担当の者に「求職者支援訓練について」の旨をお伝えください。

応募問い合わせ先

TEL:03-3981-7201 お問い合わせ

フェリカTA事務局

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-12-9
KKビル4F 地図でみる
基金訓練 受講料無料 WEB CAD 建築